アートアクアリウム美術館 銀座 へ行く価値は?SNS映えする美しい空間!

子供とお出かけ
薄紫の照明に浮かぶ一匹の金魚

CMなどでもお馴染みの「アートアクアリウム美術館GINZA三越」。

綺麗な画像を見かけては、いつかは伺いたいと思っていたスポット!約70種類もの金魚たちが、きれいな水槽及び光を浴びて来場者を癒していますが、綺麗に見せる装飾光、水槽、展示方法が賛否の分かれている意見があるのも事実。

「金魚たちがかわいそう」と言う意見もあることは否定しませんが、多くの方がこの金魚たちに癒されてもいます。(私も予想を超えた癒しを頂きました)この金魚鑑賞という行為は江戸時代より続いており、日本の文化として脈々と受け継がれています。この文化を現代の見せ方に昇華させているのが、このアートアクアリウム美術館です!

この文化を体験する価値は「アリ!」です。

幻想的な展示方法により、カップルの来場が多いですが、夫婦、家族、じじ&ばばと共に来場している方々も多数です。訪日外国人の方々の非常に多いですが、子供・家族でお出かけしても楽しめるスポットになってます。

アートアクアリウム銀座入口
光の灯篭が頭上に広がる通路

江戸時代から続く金魚鑑賞という文化を「金魚✖光・音・香」で織りなす芸術として表現している幻想世界「アートアクアリウム」にて金魚たちを直接鑑賞し、光と空間を満喫し、幻想世界に癒されるひと時を過ごせること間違いなしです。フラッシュ無しでの撮影は自由です。皆さん、直接鑑賞した金魚たちの姿、芸術空間をそのまま残したい一心で、撮影に没頭します。(これも楽しい!)思う存分、シャッターを押してください。携帯及びカメラの持参は必須です。お子様も撮影に没頭しま~す。

デザインが一つ一つ違う灯篭
薄暗く光が漏れる簾と青白く照らされた円柱の水槽
暗闇の中に浮き上がる灯篭たち

アートアクアリウム銀座 三越 での所要時間はどれくらい?

銀座三越の1フロアがアートアクアリウム美術館になっていることから、展示スペースも限られ、滞在時間もあっと言う間と思っていましたが!早くても1時間、じっくり楽しむと2時間~3時間は楽しめる空間に仕上がってます。暗闇、光、展示方法、主役の金魚たち、じっくり鑑賞し・お気に入りを画像に収め、ゆっくり進んでいけば、あっと言う間に2・3時間が過ぎ去っていきます!

花のような鮮やかな装飾に囲まれる丸みを帯びた水槽
青白い光のなかを泳ぐ金魚たち
提灯の様な球体水槽

営業時間・料金・アクセス

シャッターに描かれたアートアクアリウム文字と金魚を模した紋章
入口へ降りていくエスカレーター

営業時間

  • 営業時間10:00 〜 19:00 ※最終受付は18:00です。
  • 休館日は銀座三越の休館日に準じます。また、メンテナンス等により不定期で休館の場合がございます。詳しくは営業時間のお知らせをご確認ください。

入場料金

大人・中学生以上

WEB限定入場券2,300円(税込)、当日のWeb購入も可能です WEB入場券購入はこちら

  • 当日券売機入場券2,500円(税込) ※銀座三越新館9階の券売機をご利用ください

子ども小学生以下

大人1名につき、小学生以下の子供2名まで入場無料

3人目より通常料金が発生します

アクセス

【電車でのアクセス】

・東京メトロ銀座線/丸の内線/日比谷線「銀座駅」A7出口すぐ

・東京メトロ有楽町仙「銀座一丁目駅」(9番出口より5分

・都営浅草線/東京メトロ日比谷線「東銀座駅」銀座方面地下通路経由徒歩2分

・JR「有楽町駅」中央口・銀座)より徒歩9分

【車でのアクセス】※車移動が好きな方にはかなりおススメ!

銀座三越には地下4階に併設された「

入場方法

「アートアクアリウム美術館」は銀座三越8階フロアにありますが、美術館への入場は9階です。8階への直接入場はできません。9階に上がり、下りエスカレーターからの入場です。当日入場券の券売機も9階にあります。支払いはクレジットまたは、現金支払いとなります。入場券を手にエスカレーターで8階にむかう際に、注意事項等をスタッフの方が伝えてくれます。

入口の暖簾
円を描いた水槽と中を泳ぐ金魚たち
アートアクアリウム美術館GINZA公式ホームページ

アートアクアリウム美術館GINZAの楽しみ方

・撮影で楽しむ!

金魚たち、照明の色彩、空間の美を自由に思いのままに撮影しましょう!

大人も子供もプロカメラマンになった気分で画像の中のキレイな瞬間を探してください。

球体水槽内の金魚2匹
折鶴が周りを飛んでいるサッカーボールのような水槽
丸水槽内に鮮やかな緑色の水草と3匹の金魚
真っ青なライトを浴びて泳ぐ金魚たち

主役の金魚たちを楽しむ!

主役の金魚たちを眺めるのも大事!一人ひとり綺麗な個性を持った形、動きが幻想的な水中のなかで輝いています。画像に収めるのも楽しみのひとつですが、金魚たちが放つ生の美しさを自分の目を通して鑑賞するのも醍醐味!

天板のない透明ガラスの箱内で優雅に泳ぐ金魚

アートアクアリウム美術館GINZAは行く価値あり?

もちろんあり!

カップルがメインのスポットに思われがちですが、友達と、お子様と、ご家族でも気軽に訪れることができるスポットになってます。都心ど真ん中で、都会の喧騒を忘れさせてくれる希少なスポットです。

日本を代表する百貨店に銀座三越で金魚たちに癒されるひと時は至福及び家族の幸せな時間になりますので、ぜひ訪れることをおススメします!

アートアクアリウム銀座のお土産ショップ
タイトルとURLをコピーしました